読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

「安物買いの銭失い」は心の病

f:id:butao_o:20170120201347j:plain

www.ikigaisagashi.com

上記の記事でも書きましたが、我が家では車の買い替えを検討していました。

先日その事を、私が勤める会社の社長に話したところ「何キロ乗ったんや?」と聞かれたので「12万キロくらいっすね」と答えました。

すると「それはもったいないやろ。ディーラー呼んだるから修理して20万キロまで乗った方がええで」と、社長と私は同じメーカーの車に乗っていたので、その場でディーラーに電話してくれて、週明けに点検に出すことになりました。

私は車の事はよく知らないのですが、ディーラーの点検を受けられるのはディーラーで車を買った人だけと聞きます。私はその辺の中古車屋で、単に安いからという理由だけで今の車を買ったので、本来ならそのディーラーの点検は受けられない筈なのです。

しかし社長のツテで点検を受ける事ができ、手厚い整備をして貰える事になりました。私は車なんて動けば何でもいいので、別に新しい車が欲しかった訳ではないです。新しく車を買うよりもはるかに安い金額で点検修理を行い、もう数年同じ車に乗れるならそんなありがたい話はありません。

妻にも話をしたところ、私よりも多少は今の車に思い入れがあったらしく、金額が安く上がる事もあって大歓迎のようで、結果的に我が家の車買い替え問題はあっさりと片付いてしまいました。

 

物の値段にはちゃんと理由がある

予算の都合で却下になりましたが、私はこの車買い替え問題が浮上した際に、当初は新車を買う事を提案しました。別に中古車が嫌という訳では無いですが、やっぱり前のオーナーがどんな乗り方をしていたとか、事故車だったりしても解らない事が多いのが気がかりだったのです。

いくら値段が安いからと言って外れの中古車を買ってしまった場合、修理に余計なお金が掛かってしまったり、たいして乗ってない内に致命的な故障が起きてしまい、また買い替えを余儀なくされるリスクが嫌だったのです。

百歩譲って中古車を買うにしても、値段は高いかも知れませんが、ちゃんと信用のおけるディーラーで売っている中古車だったらいいかなと思っていました。買う時の値段が多少高くても、整備やアフターサービスを考えると、トータルで見れば結局は安く上がると考えたからです。

「賢く買い物しましょう」というフレーズをよく見かけますが、私達夫婦は車に関しては賢くも何ともなく無知で情報弱者です、良い車と悪い車を見分ける眼力などないんだから、多少高くても新車やディーラーの中古車を買った方が絶対に間違いないのです。

ミニマリストを自称する人が「自分で車検通して〇〇円で済ませました!」と得意げに言ってるのをよく見かけますが、私は素人が自分で車検を通して、万が一車が故障して事故でも起こしたらどうするんだろうと思っています。

自分で勝手に事故するのは自由だけど、その事故に巻き込まれてしまった人は災難では済まされません。車なんて一歩間違えば凶器にもなり得るものを、金の節約という自分の都合で簡単に済ませようというのは、それはちょっと違うんじゃないかと違和感を覚えます。

やはり物の値段にはキチンと理由があり、高い物には高いなりの安い物には安いなりの理由がちゃんとあるのです。払うべきお金を払わずケチった結果、かえって高く付いてしまうのは、本当にバカらしい事だと私は思います。

そんな私の安物買いの銭失いは

かく言う私もつい最近「安物買いの銭失い」を行ってしまいました。

私は自分のパソコンを持っていなくて、このブログもしばらくは会社から支給されているパナソニックのノートパソコンで書いていました。でもやっぱり会社から支給されている物は仕事に使うのが当たり前で、私の趣味に使うのはダメだと思ったので新しく自分のパソコンを買う事にしました。

会社から支給されてるパソコンも5年ほど前のモデルなのに特に不満もなく使えていたので、新しいモデルならどれも今使ってる物よりも性能がいいだろうし、ブログを書いたりちょっとネットする程度だから、何でもいいやと適当に選んでしまいました。

私はあまりパソコン詳しくないので、有名な一流メーカーではないですが、テレビでもCMをやっている新興メーカーの14インチノートパソコン、確か値段は29800円の物を買いました。

それで実際使ってみたら何だかいっぱい不満点があるのです。まずキーボードを叩くと軋むような感触と音がして物凄く心地悪いのです。そして反応もとても悪く、たいして早くない私のタイピングでも文字がワンテンポ遅れるという、何ともストレスの溜まるキーボードなのです。

一番最悪なのが原因は解りませんが、何も触ってないのに突然ブラウザーが落ちてしまう事がたびたび起こる事です。幸いはてなブログは2分毎にバックアップを取ってくれているので、突然落ちてもすぐ復旧してくれますが、ブログ書いてる最中にはじめてブラウザが落ちた時は、あまりに腹が立ってパソコンをブチ壊しそうになったほどです。

先ほどの車の例と同じく、私はパソコンたいして詳しくないんだから、少々高くても有名メーカーの物を買うべきでした。14インチなら4万も出せば有名なメーカーの物が十分買えた筈です。恐らく私はそう遠くない内に、また新しくパソコンを買い替える事になるでしょう。

実は私はこの手の「安物買いの銭失い」を度々やってしまいます。物の値段には理由があると解っていながら、目先の安さに釣られてハズレを掴まされ続けるなんて、ある意味私は心の病を病んでいるのかも知れませんね。

 

この後は恒例の子作りですが

何度も言いますが、私達夫婦は今現在二人目の子供が欲しいので夜な夜な子作りに励んでおります。

当然子作りのための行為なので避妊具は使用しないのですが、あいにく私は極度の早漏を患っており、避妊具なしでセックスを行うと、みこすり半と言えば大げさですが、あっという間に終わってしまうのです。

子作りのためとは言うものの、そこは夫婦で行うものなので多分にスキンシップとしての役割も兼ねているのですが、やはりあまり短いとお互い少し物足りなさを感じてしまうのも事実なのです。

そこで「今日は心行くまでしまくるで~」という気分の時は、少しでも長持ちするように避妊具を装着し、事に及ぶ機会を設ける事もたまにはあります。

ところが今時の高級避妊具は最先端の技術が注ぎ込まれていて、自然なフィット感と伸びでまるで装着してないに等しい感覚なので、私が患う激しい早漏が一切解消されないのです。

この分野の技術進歩は本当に目を見張るものがあり、今では薄さも0.01ミリです。人間の皮膚が一番薄い部分で0.04ミリで、それより薄いんだからそりゃ何も付けてないに等しい訳ですわ。要するにメッチャ気持ちいいのです。

なので私が装着する避妊具はもっぱら、ドラッグストアで3箱500円とかで売ってる安物の避妊具になります。

その安物の避妊具の品質たるや、ゴム手袋並みに分厚くサランラップのように伸びが悪く、装着した時の違和感不快感がピストン運動による快感をことごとく打消し、私の早漏解消におおいに役立ってくれているのです。

安くてたくさん入ってるし、早漏にならずに済むし、安物の避妊具バンザイだ!安物買いだが心は錦だ!

 

なんだ初めの主張と話が違うじゃないか。