読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

【激安1688円】スマホで手軽にバーチャル体験が楽しめる「VRPARK 3DVRゴーグル」購入レビュー~買ってよかったもの

f:id:butao_o:20170307203732p:plain

昨日の記事にて、私は「VRのAVに手を出したろか」と述べていましたが、実はもうすでにアマゾンに注文しており、密かに到着を首を長くして待っている最中だったのです。それが本日ようやく届いたので、さっそくレビューを行いたいと思います。

私が購入したVRゴーグルは

「VRPARK 3DVRゴーグル 3DVRメガネ スマホゴーグル素晴らしい超3D映像効果体験・お手軽に遊べ! 現実虚構 焦点/瞳孔距離調節可能 4.0-6.0インチのAndroidやIOSスマホ適用 400度以下の近視者に対応」です。

f:id:butao_o:20170307205112p:plain

f:id:butao_o:20170307205127p:plain

f:id:butao_o:20170307205141p:plain

amazon商品説明より引用

価格は1688円、この安い値段と上記の怪しい日本語による商品説明から、中国製だという事は容易に想像できました。

他にも色んなデザインの物があり、見たところどれも大差ないような気がしたので、少し品質に不安がありましたが、特にこだわりがないので値段が安くレビューの評価が高かったこの商品にしました。

 

開封の儀

f:id:butao_o:20170307210441j:plain

こんな箱に入っていました。アマゾンの商品画像とデザインが違うのは気のせいか…箱が少し潰れてるのはご愛敬。私は細かい事はあまり気にしない性質です。

f:id:butao_o:20170307210619j:plain

内容物は、VRゴーグル、説明書、なんか解らんカードみたいなの、レンズを拭くウエス。やっぱりアマゾンの商品紹介と明らかにデザインが違います。さすが中国製ですね。

 

f:id:butao_o:20170307210821j:plain

ここにスマホを顔の方向に装着して使用します。白い線にセンターを合わせます。隙間から光が入ってこないように、ぴったりセットするのが大事なポイントです。

f:id:butao_o:20170307210853j:plain

下から見た所、目の幅を調節するつまみが付いています。

f:id:butao_o:20170307210828j:plain

顔に触れるクッションの部分はビニールみたいな感触ですが、ツルツルしててウエッティなどで拭けば汚れは簡単に落ちます。

f:id:butao_o:20170307210834j:plain

レンズが左右に動く事で目の幅に合わせる事ができます。

f:id:butao_o:20170307210840j:plain

右からみた所です。ツマミみたいなのは前後の距離を調節する際のストッパーです。ONにすると前後に動き、OFFにすると固定されます。

f:id:butao_o:20170307210847j:plain

反対から見たところ。ロゴが入っています。

f:id:butao_o:20170307210748j:plain

説明書。中国語なので何を書いてるのかまったく解りません。

f:id:butao_o:20170307211428j:plain

よく解らんカードが折れた状態で入っていました。ヨン様とジャッキーチェンとハリーポッターを足して3で割ったような俳優です。誰やねん。

f:id:butao_o:20170307211554j:plain

安っぽいウエスが付いていました。はっきり言っていらないです。

 

実際に使用した感想

私はこの安物しか使った経験がないのですが、これはこれで映像が充分立体的に見えて楽しかったです。

YOUTUBEで「VR360」で検索すれば沢山の映像が見れるのですが、想像以上のクオリティーで作られており、昔あった赤青のメガネを掛けて見る立体画像とか比べ物にならないレベルのバーチャル体験が出来ました。

仕組みとしては、左右に少しずれた映像を左右別々の目でみる「平行法による立体視」の原理なのですが、それに加えて首を前後左右に振ると視線も一緒に動く、まさにバーチャルの世界を体験できるのです。

f:id:butao_o:20170307212649j:plain

こんな映像をゴーグルを通して左右別々の目で見る感じです。プレステのVRやもっと値段の高いゴーグルなら、全然仕組みが違ってよりリアルな映像が見られるのかも知れません。

でも、とりあえずどんな物か知りたかった程度の私にとってはこれで十分で、未来の足音を確実に聞けたような気がして、明日さっそく会社に持っていて同僚に自慢してやろうとほくそ笑んでおります。

使い道はもちろん…

恐らくみなさま予想されてると思いますが、私がこのようなゴーグルを購入した動機は、もちろんVRのAVを見ながらしこるのが目的です。さっそくエロサイトに直行し、暗い部屋でイヤホンを使いAV鑑賞しながらオナニーを開始しました。

VRのAVはゴーグルを使用してる点から、自分の目線を再現した専門用語でいう所の「主観もの」の作品がほとんどです。

今までに見たAVでは味わった事のない距離感がリアルで、時おり顔を近づけてきてキスしてくる際には、思わず私も口を尖らせてしまう程で、特にちんこをペロペロして貰うシーンなどは、立体感が絶妙でまるで本当にして貰ってるような錯覚にさえ陥りました。

逆に言うとフィニッシュ時には正常位でピストンをかますのですが、当然その体制から顔が遠くに位置するカメラアングルになってしまい、距離感がアダとなって少し物足りないな~と不満感が残りました。

ここはカメラマンに頑張って貰って、もっとAV女優に覆い被さるようなカメラアングルを期待したい所ですね。なんやかんや言いつつも最終的にはこのゴーグルに合格点を与えるに至り、私も満足の内に無事オナニーを終える事ができました。

 

では恒例の良い点と悪い点を挙げたいと思います。

良い点

  • 値段が安かった

最底辺の価格のものには段ボールで出来たものがありましたが、さすがに踏んだり濡れたりしたら使えなくなってしまうのはダメなので、プラスチックで出来た物の中では一番安いという意味で高評価になります。

  • 3Dが体験できた

私が今まで見た事のある3D映像は、昔の赤青メガネを掛けて見る映像と、20年以上前にディズニーランドで見たマイケルジャクソンのキャプテンイオ、映画のアバターだけです。それらに比べると、このゴーグルを使った3D映像の方がはるかにリアルでした。

  • 没入感が凄い

ゴーグルの隙間から光が入ってこないように暗い部屋でイヤホンを使って3D映像を見たら、本当にその映像の世界に入り込んでしまう程の没入感が味わえました。

 

悪い点

  • ずれやすい

上記の画像で解る通り、この大きく重いゴーグルを頭に固定するのはしょぼいゴムバンドなので、やはりオナニー時の小刻みな振動に弱く、すぐにずれてしまい、せっかく集中してしこってるのに途中で何度も中断され興ざめしてしまいます。

  • 早送り後戻りができない

やっぱり最後のフィニッシュ時は自分のお気に入りのシーンで終えたい物ですが、このゴーグルはスマホを完全に固定してしまうタイプなので、スマホ画面に触れる事が出来ずに、早送りや後戻りでお気に入りシーンまで飛ぶ事ができないのです。

しかしこの問題については、ワイヤレスのリモコンが別売されているか、あるいは元からリモコンが付属されてるモデルもあるので、解決するのは容易でしょう。

  • 周りが見えない

ゴーグルだから当然なのですが、3D映像を見てる最中は周りを見る事は出来ません。

快感が高まって来てそろそろフィニッシュの段を迎えても、精液の着地点を予想してティッシュを用意する事が困難で、また着地点の確認もできないので、汚らわしい精液を見失ってしまう危険性が大なのです。

これに付いては、ゴムを装着してしこるか、あるいはオナホールを使用する事で解決するので、同じく容易に解決できる事ですね。

 

 まとめ

断っておきますが、私は最新のテクノロジーにもAV機器(家電の方)も全く詳しくないおっさんです。なのでこのレビューがとんでもない的外れな内容である可能性もあります。

あくまで機械に疎いおっさんの感想としては、安い値段で想像以上にリアルなバーチャル体験ができて、私はこのVRゴーグルに対してとても満足感を覚えております。

この先、技術が発展すれば画像も今以上にリアルになるだろうし、オナホールと連動してそれこそバーチャルセックスのような体験ができるようになる時代も、そんなに遠くないかも知れません。

エロが原動力となって技術が発展する事はいつの世も同じで、それは歴史がすでに証明済みなのですから。

AVやエロゲームの類に飽きてきて、何か新たなしこりネタを模索しているフロンティア魂溢れるオナニストのみなさまならば、この3Dゴーグルにトライする価値は十分あるので、一度試されてみても損はないでしょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。