読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

浦和競馬場で平日の昼間っから恥ずかしいグルメかましてきたで~

先日、トキオ出張の際に浦和にも立ち寄りました。

最後の仕事を終えて時間はまだ3時過ぎ、目の前には浦和競馬場がありました。

f:id:btymbto:20170421195435j:plain

平日の昼間にもかかわらず、次々と大の大人たちが競馬場へと吸い込まれていきます。「人が働いてるのに競馬なんかしやがってけしからん」と憤慨しつつ、私も仕事を終えてヒマだったので、平日競馬ニキ達の後に続き、浦和競馬場へと突撃してしまいました。

 

浦和競馬場へいざ突撃

f:id:btymbto:20170421195502j:plain

当日は浦和での開催はなく、他の競馬場の馬券発売のみの営業でした。写真では見辛いですが、開催日以外は芝生部分が解放されていて、近所の子供達が芝生内に設置された遊具で遊んでいました。

f:id:btymbto:20170421195457j:plain

長屋のように並ぶグルメゾーンです。価格やメニューの取り決めがあるのか、どの店も同じメニューを同じ値段で売っていました。見たところ食材も同じ所から同じ物を仕入れてるようでした。

f:id:btymbto:20170421195450j:plain

手前のお店に突撃。

f:id:btymbto:20170421195444j:plain

ずらりと並ぶ焼き鳥メニュー。下焼きされた状態で注文があれば焼き直して出してくれます。焼き台に乗ってるのが私が注文した品です。

f:id:btymbto:20170421195446j:plain

この辛みそを付けて食べるのが埼玉方式のようですね。

f:id:btymbto:20170421195453j:plain

まずは一杯目。ぽんじり120円、かしら170円、ねぎま120円をチョイス。もちろん味付けは塩です。かしらはブタの顔で、私のような西の人間には馴染の薄い食材でございます。

ドリンクはレモンサワー300円、これは市販の缶チューハイを紙コップに移し替えただけ。スーパーで120円くらいで売ってる物を300円とは…と思いましたが、それを言うのは野暮ってもんです。

f:id:btymbto:20170421195430j:plain

ハフハフしてると、鳩が寄って来たので心優しい競馬ニキ達が残飯をあげています。

f:id:btymbto:20170421195458j:plain

私もネギをあげました。

f:id:btymbto:20170421195428j:plain

ゴミ箱に「ハトにエサをあげないで」と書いてある事に後から気が付きました…でもみんなあげてましたよ。

 

競馬場グルメの醍醐味

私は基本的にギャンブルはしませんが、競馬場や競艇場や競輪場などの公営ギャンブル場で飲酒するのは大好きです。それはやっぱり雰囲気が味を凌駕する部分が大きいからです。

言い方は悪いですが、平日の昼間にギャンブル場と言う非日常の空間で、大歓声やエンジン音をBGMに飲む酒は、私をどこか背徳的な別世界に誘ってくれるような、そんな気分にさせてくれるのです。

決して万全の体制で調理されてるとは言い難い環境ですが、いかにも訳あり風のおばちゃんが作るツマミには、平日の昼間からギャンブル場へと通う男たちの「日向を歩いてるとは言い難い人生」という隠し味が利いていて、否応なしに酒が進みます。

f:id:btymbto:20170421195425j:plain

よっしゃもう一杯いくか。次はこっちの店に突撃や。

f:id:btymbto:20170421195427j:plain

肉豆腐300円。牛肉とネギ、豆腐、しらたき、白菜が甘辛いダシで煮込まれていました。モツ煮と比べて大分あっさりしています。私は関東のモツ煮が少し苦手です。西の人間には味が濃すぎるかな。

日本酒320円。スーパーで800円ほどで売っているような1.8L紙パックの酒を紙コップに移しただけ。分量は見たところ130mlほどでワンカップより確実に少ない量。

銘形は見た事もないような業務用の物。間違いなく純米酒ではない混ぜ物の入った味でした。でもそれがギャンブル場グルメの醍醐味なのです。

 

素人がギャンブルを楽しむ方法

せっかく競馬場に行ったのだから、普段はギャンブルをしない私も馬券を買いました。でも馬も騎手も全然知りません。そんな私が競馬を楽しむ方法は「万馬券を3点100円づつ買う」です。

あくまで私の意見ですが、公営ギャンブルを本気で勝つために行ってる人間はいないと思います。なぜなら胴元が取る金額が大きすぎて、期待値が低すぎるからです。勝つ確率の一番高いギャンブルは、間違いなくパチンコです。

にもかかわらず、競馬を楽しむ人間がこんなに多いのは、やっぱり楽しいからなんでしょう。その楽しさも人それぞれで、データを分析するのが好きな人、雰囲気が好きな人、馬そのものが好きな人などなど、10人いれば10通りの楽しみがあると思います。

私はその時ドキドキしたいだけの素人なので「これが勝ったら100円が一万円になるかも」と言う、ほぼ0パーセントに近い確率に希望を託し、周りの競馬ニキ達に負けない興奮を持ってレースを楽しむ事ができるのです。

f:id:btymbto:20170421195451j:plain

レース中はこの熱狂!平日の昼間に大の大人が勝った負けたに一喜一憂!

f:id:btymbto:20170421195443j:plain

夕方になって冷えてきたので、室内へ移動。ここにも食堂がありました。

f:id:btymbto:20170421195439j:plain

コロッケうどん400円。関東風の濃いしょうゆダシにフニャフニャうどんです。

f:id:btymbto:20170421195431j:plain

イベントなども行われてるようで、一応企業努力もしているようです…むむ!このゲストは!?

f:id:btymbto:20170421195433j:plain

古崎瞳…一時お世話になったグラビアアイドルです…AV転向の噂もありましたが、こんな所でこんな仕事をしてるとは…日にちが合わなかったのが残念…心残りです。

f:id:btymbto:20170421195436j:plain

最寄りの南浦和駅から往復の無料バスが出ています。周りは住宅街なので迷惑にならないように交通整理員がしっかりと配置されています。

ていうか昔は田んぼと競馬場しかなかったのに、後から住宅街が出来て住人達が文句を言ってる構図は、どこかの基地のアレに通じるような…まあこれ以上は言うまい…

f:id:btymbto:20170421195437j:plain

周りに異様なくらい質屋があるのは、やはり競馬ニキが嫁を質屋に入れるからなんやろか…そんな訳ないか…と思いつつ、浦和競馬場を後にしました。

ギャンブル場とくに地方競馬は清潔感ゼロで99.9%おっさんしかいないので、女性がトライするには非常にハードルが高いと思います。しかし意を決して飛び込んでみれば、今まで味わった事のない未知のグルメが楽しめると思います。

シャレオツなレストランに飽きた方は一度足を運んでいればどうでしょうか。味は決して絶品とは言い難いですが、キャンプで食べるカレーが美味しく感じるような不思議なスパイスを感じる事ができるでしょう。

本日の記事はグーグル様が忌み嫌う「酒」と「ギャンブル」を兼ね備えた、超絶品質の低い記事でございますので「ポリシー違反」のタグを付け、アドセンスの表示を控えたいと思います。

アドセンス非表示設定の関連記事はこちら

飲む打つ…とくれば

競馬場で酒を飲んだ後は、やっぱり「買う」やろ!と思いましたが、残念ながら浦和競馬場の周辺には風俗店はございません。

ただ最寄りの南浦和駅から2駅ほど離れた「西川口駅」には埼玉最大の裏風俗街が存在する事だけお伝えして、当記事を締めさせて頂きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。