いきがいさがし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

生きがいを探して模索する40代中年男の日記

読者登録返しとはてな疲れ

はてなブログ エロい話 エロい話-AVの話

f:id:butao_o:20170124200112p:plain

おかげ様で当ブログも、少し前に読者数100人を超える事ができました。

あくまで区切りの数字だけど、2桁と3桁だと何だか気分も変わってきますね。とても嬉しいので、これからも頑張って次は4桁を目指したいと思っております。

私はずっと読者登録して頂いたり、ブックマーク頂いたり、☆を頂いた際には、必ずその方のブログを訪れて、自分の好みに合うようだったら、こちらからも読者登録返しをさせて頂いています。

ところが最近はおかげ様で、今までよりも高い頻度で読者登録もブックマークも☆も頂けるようになって、大変申し訳ないのですが少しペースが追い付かなくなってきたのです。

通知の赤いマークが来るとidをクリックしてプロフィールに飛んで、その方がブログを書いていたら訪れ記事を2,3エントリー拝読、自分に合うようだったら読者登録、ツイッターのアカウントがあれば訪問してフォローと、これが意外と煩雑な作業で時間が掛かるのです。

それに加えて、そうやって購読したブログを拝読、感銘を受けた記事にはコメントと共にブックマークと、これもまた時間が掛かる作業です。

でも私はブログを読むのも好きなので苦ではなかったのですが、最近は少し頻度が高くなってきて自分がブログを書くのに費やす時間が少なくなってきて、本末転倒と言いますか、これが俗に言う「はてな疲れ」なのかなという気がしてきました。

なので読者登録やブックマークや☆を下さったみなさま、今しばらくお時間を下さい。休みの日にでも時間を作って必ずブログを訪れて、これからも読んでみたいと思ったブログは読者登録させて頂きます。

誤解のないようにしたいのですが、私が読者登録返しをしなかったからと言って、けっしてつまらなかったという事ではありません。

私が好むブログは筆者の日常や感じた事が書かれてあるものが多くて、例えばブログ運営術や生活のお役立ち情報のようなブログは、私はその都度必要に応じて検索するタイプだから定期購読しようと思わないだけで、必ず私以外の誰かの役に立っている筈です。

そのようなブログを書かれている方は、私に読者登録返しされなくても、主に検索流入を軸にアクセスを稼がれているだろうから、気にされていないとは思いますが…

 

私も以前は全員に読者登録返しをしていた

ブログをはじめてまだ1カ月半ほどですが、私もはじめた当初のアクセスの少ない時は☆や読者登録頂いただけで嬉しくて、即座に読者登録返しをしていました。また色んな人のブログを拝読して面白いと思ったブログには、もれなく読者登録をしていました。

これはあくまで私の体感的なものですが、私と同じようにすぐ読者登録返しをして下さる方とそうでない方がいて、その境が読者数が100を超えてるか超えてないかのように感じました。言い換えると、読者数の少ないブログは読者返ししてくれるけど、読者数の多いブログは読者登録返しをしてくれない、と言うことです。

私はその時は「私のような弱小ブログは相手にして貰えないんだ」とイジけた気分になりましたが、今私がその立場になってはじめて、そうではないんだという事が解りました。みんな「はてな疲れ」を患いかけていたのでしょう。

 

そんな私のおすすめブログ

私はけっして読者数の多いブログが良いブログで、少ないブログが下等なブログだなんて思っていません。読者数が多くても、自己啓発本のコピペみたいなつまらんブログもあるし、少なくてもいい味出したブログもあります。何より私などつい最近100を超えたところで偉そうな事を言える立場でもないです。

本日はそんな私が最近とても気に入ってる「読者数の少ない」けど、いい味を出しまくってるクールなブログを紹介させて下さい。

one-coin-movie-review.hatenadiary.jp

id:public-technocutさんの「ワンコイン・ムービーレビュー」です。

要約すると、B級映画のレビューブログです。私はこのブログで紹介されてる映画は一本たりとも見た事ありませんが、彼の巧みな文章とB級映画に対する愛を味わいたくて、とても更新を楽しみにしているブログなのです。

彼は恐らく友達や知り合いに、B級映画の話に付き合ってくれる人がいないんだと思います。でもこの広いネットの世界なら、きっと解りあえる人がいると信じて、来る日も来る日もB級映画のレビューを発してるんだと想像すると、もう愛おしくて仕方なくなるのです。

そもそもそこまで大量のB級映画を発掘するアンテナが凄いし、とても面白いと思えないB級映画を最後まで見る律儀さが凄いです。そしてレビューの文章もしっかり起承転結がキッチリ決まっています、その文才や人間性をもっと真っ当な方面に活かしたらいいのに、と余計な心配をしてしまう程なのです。

そんな彼の誠実さを伝えるエピソードなのですが、彼が私のブログに☆を付けてくれる時に必ず引用スターを用い、どの部分を気に入ってくれたのかを私に伝えてくれるのです。

私と彼のやりとりはその☆だけで、コメントやツイッターのやりとりをした事は一度もありません。ですが私の心には彼の実直な気持ちは伝わっています。顔も名前も知らないし街ですれ違っても絶対に気が付かないけど、ネットを通じて心は繋がっていると私は信じています。

とてもマニアックなB級映画というジャンルなので、いつの日かテレビの「マツコの知らない世界」で紹介され一躍有名人になる可能性も0ではありません。もし有名になってもどうか私との触れあいは忘れないで下さいね。

B級映画とAVとジャンルは違えど、同じ映像作品を愛する者として今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

疲れはよくないよ

やはり何事も疲れはよくありません。

f:id:butao_o:20170124210459j:plain   →  f:id:butao_o:20170124210509j:plain

これは有名なAV女優やまぐちりこのデビュー当時と引退直前の写真です。

元AKB48のセンターだった彼女が、突如AVデビューを果たし世間をおおいに驚かせたのは記憶に新しい事です。AKBをたいして知らない私でさえ、彼女の事を前田敦子と並ぶ人気メンバーだと知ってたし、これぞ正真正銘の芸能人AVデビューだ!と私を含む世の男性の股間を震撼させたものです。

明るい笑顔が印象的なデビュー作には私もお世話になりまくりましたが、それからほどなく何作か出演して、いつの間にか右の写真のように痛々しく、とてもオナニーネタになんてできない程やつれてしまい、気が付けば引退してしまいました。

彼女はAVに疲れたんでしょう。私が日々お世話になってるAV女優も、やっぱり何かをすり減らしながら生きてるんですね。私などに想像できる範疇を超えた葛藤や苦悩があることは想像に難くはありません。しかし彼女達は頑張ってるんだ。私たちオナニストを元気付けるために。

私も「はてな疲れ」なんて眠たい事言ってないで、いつの日かAV好きのしこりブロガーとして「マツコの知らない世界」で紹介されるように、頑張ってブログを更新し続けよう。

次の目標は100記事や!

スポンサーリンク