いきがいさがし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

生きがいを探して模索する40代中年男の日記

逃げ恥が放送されるたびに、私が持っている星野源の恋(初回限定盤)が値上がりする

とりとめもない話 お金の話

私くらいの年齢の中年男性は、会社では中間管理職のような役割をさせられる場合が多いと思います。

厳密に言うと、決して管理職を任されてる訳ではないけど、年齢的に真ん中あたりだから上から怒られ下から文句を言われるだけの、中間管理職に似て非なる役割のおっさんになります。もちろん手当など貰っていません。

わが社は私も含めてアホばっかりなので、上には媚びて下には缶コーヒーを奢ってやれば、大体の面倒事は解決します。

とは言うものの、私のような給料の少ない中年男にとって「昨日パチンコで3万負けたわ~」とマヌケ顔してタバコを吸ってるアホに奢ってやる缶コーヒーの百円はとても高く感じます。

なけなしの百円で奢ってやった缶コーヒーを半分程度しか飲まずに、灰皿代わりにしてるのを見ると、思わずモンゴリアンチョップを食らわしてやろうかと憤慨してしまうこともしばしばです。

 

f:id:butao_o:20161209210852j:image

この写真のCDは星野源の恋(初回限定盤)なのですが、少し前に近所のツタヤで買いました。

妻がドラマの逃げ恥が好きで、この歌もよく口ずさんでいたので、ふとツタヤに立ち寄ったときに、せっかくだから買って帰るか、どうせなら初回盤にするか…となんとなく買ったものです。

クソみたいな後輩に奢る100円はこの上なく高く感じますが、妻が喜ぶだろうと思って買うCDの1900円は少しも高いとは感じませんでした。

そして、家に帰って妻にCDを見せると「これすごいプレミアらしいよ。ツタヤに売ってたの?」とビックリしたので、ほんまかいなとネットで検索するとヤフオクでもアマゾンでも3000円くらいに値上がりしていて、私はとても驚きました。

ついさっきツタヤで1900円で買ったものが、ネット上では3000円で売られているのです。

こんな事ならあと2、3枚買っておけばよかった、いやでもそんなのネットの嫌われ者の転売屋がやることじゃないか、ああでも…と悶々としてその日はそれで終わりました。

 

そしてそのまま封を開けずに、ずっと置いていたのですが、さらに驚くことに逃げ恥のドラマが放送されるたびにどんどん値上がりして行って、本日現在ではなんと

f:id:butao_o:20161209214456j:plain

f:id:butao_o:20161209214402j:plain

ヤフオクでもアマゾンでも6000円近くの値段になっているのです。

 

今このCDを売れば約4000円、私は労せず手に入れることができます。手数料や送料を引いたら約3000円くらいでしょうか。

いやしかし最終回まであと2回あるし、やっぱりまだまだ値上がりするかも知れないので、もう少し寝かしておくべきでしょうか。

慌てる乞食はもらいが少ないとはよく言いますが、もともと転売なんて乞食チックな行為なんだから、欲張りすぎずに価値が落ちてしまう前に売ってしまった方がいいのか。

 

小銭拾いと笑わば笑え。

私にはアホの後輩に缶コーヒーを奢る金が必要なのだ。

 

スポンサーリンク