読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

で、でた~w丸亀製麺で熱いうどんと冷たいうどん両方食べ奴~www~ダシ茶漬けも美味しいよ!

私はうどんが大好きです。

本日は家族で丸亀製麺にいきました。

みなさまは丸亀製麺に行って、冷たいうどんと熱いうどん、どっちにしようかな~?と迷う事ってありませんか?

 

私はありません。

なぜなら両方食べるからです!ドヤァ!

f:id:btymbto:20170408145751j:plain

昔のことわざの「二兎を追うもの一兎を得ず」「虻蜂取らず」のように、多くを望んではダメですよ~と言う教えがありますが、事うどんに関しては私は熱いのと冷たいのどっちか選ぶ事などできず、必ず両方食べるのが常となっているのです。

「そんな食い方する奴はじめてや…」と呆れられる事も多いのですが、やっぱり私にはどちらか我慢なんて絶対にできないのです!

私が本日食べたのは

ぶっかけ(並)¥290.-

かけ(並)  ¥290.-

カレイ天    ¥90.-(本来は¥140.-の所アプリで¥50.-円引き)

明太子おむすび¥130.-

の計¥800.-でございます。

丸亀製麺の平均客単価¥500.-の160%になります。

f:id:btymbto:20170408161620j:plain

黒で囲った部分が私が食べた物。赤の部分がクーポン使用による割引額です。

 

いざ実食

かけうどん

f:id:btymbto:20170408145757j:plain

ダシは本場讃岐風うす味のカツオベースです。

丸亀製麺は無料でネギと天かすが入れ放題です。それを良い事に、これでもかとマシマシにするニキも多いですが、私はダシの繊細な風味を損なわない程度に入れるようにしております。

食感は平均的な讃岐うどんより少し柔らかい位ですね。大阪のフニャフニャうどんで育った私としては、このくらいの柔らかさの方が美味しく感じます。

 

ぶっかけうどん(冷)

f:id:btymbto:20170408145802j:plain

かけうどんのダシと比べ味が濃いので、ネギも天かすもマシマシで問題ないでしょう。好きな人ならショウガもマシマシ。すりごまもマシマシ。

冷たいうどんなのでコシがかなり強く、しっかりとした歯ごたえが楽しめます。ショウガの刺激が冷たいダシにマッチしてて、爽快な喉ごしと共に私の食道を遠慮なく強行突破かましてきます。

 

かれい天

f:id:btymbto:20170408145817j:plain

この切り口を見て貰えば、このかれい天がサクサクふわふわなのが一目瞭然ですね。

歯型を見せてしまって不快な気分にさせてしまったかも知れませんが、その絶妙な揚げ具合をお伝えするには、この画像が一番だと思いまして。

f:id:btymbto:20170408145813j:plain

なお天ぷらを食べるには「やきしお」「だしソース」「天つゆ」の選択肢がありますが、私はもちろん素材の味を楽しむため「塩」一択です。

私は天ぷらはもちろん、焼肉、焼き鳥、刺身、そば、などなど、何でも塩で食べる派なのです。「素材の味を楽しむには塩…教」の狂信者で、このAAを朝晩拝みながら毎日過ごしている程なのです。

f:id:btymbto:20170408165234j:plain

 

明太子おにぎり

f:id:btymbto:20170408145822j:plain

大トリを飾るのは明太子おむすびです。

今まで食べたうどんは前菜に過ぎません。私が丸亀製麺に行く一番の目的は、このおにぎりを食べる事なのです。

「何の変哲もないおむすびじゃないか」と思った方、あなたは甘い。

 

私はこうやって食べるのです。ドヤァ!

f:id:btymbto:20170408161614j:plain

ネギと天かすを乗せ、その上からかけうどんのツユを掛け、ダシ茶漬け風にして食べるのがお気に入りなのです。

熱々のうどんツユを掛ける事で、明太子に薄っすら熱が入り半生の状態になります。あっさり薄味のツユが、海苔とネギと天かすの香りを引き立て、シメの一品として相応しい最高の食べ方なのです。

丸亀製麺のおにぎりは他に、塩と昆布と鮭がありますが、私は明太子が一番好きです。その次は鮭。カツオベースのツユには明太子や鮭などの魚類と相性が良いようですね。

 

 

何でうどんの食感をしこしこと言うんだろうか?

私は昔から不思議に思ってたんだけど、何故うどんの食感を表現する時に「しこしこ」と言うんだろうか?今まで何百回何千回とうどんを食べてるけど、一度もあの食感を「しこしこ」と感じた事はありません。

でもあまりに「しこしこ」と表現されるので、ほとんどの人間があの食感を「しこしこ」と認識してるのではないだろうか?

バイトしてる女子高生も、彼氏と一緒に来てる女子大生も、小さな子供と食べてる若奥さんも、みんなうどんを食べながら口には出さないけど、頭の中では「しこしこ」という言葉で一杯になってる筈です。

福本伸行のカイジで「ざわざわ…」という言葉が出てきますが、あの作者が丸亀製麺のシーンを描いたら、多分「しこしこ…」という言葉でコマが埋め尽くされるんじゃないだろうか?

私にとって、やっぱり「しこしこ」はオナニーだ。

綺麗な女性も何食わぬ顔でうどんを食べてるけど、みんな本当は心の中では「しこしこ」って考えてるんやろうな~と想像すると、思わず劣情を催してしまったので、多分今夜もしこしこしてしまうんだろうな~

そんな事を考えながら、丸亀製麺を後にしました。

 

丸亀製麺行くときはアプリを忘れずにね

丸亀製麺は毎月1日、ざるうどんが半額です。

それ以外にもキャンペーンで不定期に半額で色んなうどんを食べられる機会もあります。また常にクーポンを発行していて、私も今回はクーポンを利用してカレイ天を50円引きで食べる事ができました。

さらにレシートに付いているQRコードを読み取れば、また新たなクーポンも入手できます。そんなお得な情報を逃さないためにも、丸亀愛好家のみなさまはアプリをダウンロードするのを忘れずにしたいですね。

丸亀製麺のクーポンはから無料でダウンロードできます。

iphoneの方はこちら

丸亀製麺

丸亀製麺

  • Toridoll. Corporation
  • フード/ドリンク
  • 無料

 androidの方はこちら

play.google.com

 

最後に

本日の記事は私が勝手に愛読している全マシニキさんの「全マシニキは今日も全マシ」に触発されて書きました。

www.zenmashiniki.com

全マシニキさんは恐らく私と同年代なのですが、私と違って強靭な胃腸をお持ちでラーメン二郎を主食とするクレージーな方です。グルメ関係の記事が多く、摂取カロリーも凄いのですが、食費もとんでもないんだろうと勝手に心配しております。

また野球ニキとしての一面もあり、一方的に親近感を覚え野球関係のつぶやきに勝手に反応させて頂いております。こってり濃厚な食生活を送ってる方には参考になる記事も多いだろうから、一読される事をお勧めいたします。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。