読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

【出会いのない人必見】ノーリスクでセフレや彼女を作る、たった一つの方法

f:id:butao_o:20170317205657j:plain

暖かくなって来たので衣替えを行いました。

近頃は昔と違って、そこまで服装にうるさく言われることがなくなってきたので、春になったらスーツではなく、いわゆる上記のようなジャケパンスタイルで仕事をするようになりました。

高い服を着て行って傷めてしまうのが嫌なので、重い荷物や汚れた段ボールを運ぶような重労働が予想される日などは、GUなどで売ってるような安物のジャケットとスラックスで仕事をする事もあります。 

本日は衣替えで出してきた安物の服を着て仕事に行ったのですが、なんと情けない事にクリーニングのタグがベロンと出たままで、お客さんの前に出てしまい大笑いされていまいました。

しかしながら、私は日頃から疑問に思ってるのですが、クリーニングのタグが出てる事って、そこまで面白い事でしょうか?本日も「そんなに面白くはないやろ…」と思わずタメ口で突っ込みそうになるくらい、腹を抱えて大爆笑されてしまいました。

でも笑い上戸な女性って可愛く見えますけどね。

 

あんた背中が煤けてるぜ

私は子供の頃からボンヤリしがちだったから、クラスメートのイタズラで、よく背中を叩かれた拍子に「〇〇ちゃん好き!」とか書いた紙を張られて、そのまま気が付かずに過ごしてバカにされる事がありました。

実際に私は〇〇ちゃんを好きじゃなかったし、別に恥ずかしくも面白くも何とも無かったのですが、それでもクラスメートはゲラゲラ笑い、〇〇ちゃんは不機嫌になりました。

私が実際に好きだったのはミヨちゃんでした。関連記事はこちら

そんな爆笑するクラスメートを眺めながら「これって笑えない自分が悪いのかな?」と首を傾げつつも「も~やめて~や~」と愛想笑いしながらおどけたものです。

「バカ」とか書いた紙を背中に貼るのも古典的なイタズラだけど、私は面白いと思った事なんて一度もありません。

でも、人によっては、やっぱりあれも立派な爆笑のツボなんでしょうか?

 

私が閃いたノーリスクで彼女やセフレを作る方法

と言う事は、もしかしたら

「43歳童貞でーす!
 すっごく溜まってまーす!
 誰かセックスさせて下さい!」

なんて張り紙を背中に張って歩いてると、何か良い事が起こる可能性があるかもしれませんね。

「あら、可哀想に…溜まってそうな顔ね…セックスさせたげる!」なんて菩薩のような心を持った女性に出会える知れないし「セックスは無理だけどペロペロならしたげるよ!」なんて、ナイチンゲールのような優しい女性がいるかも知れません。

さらに言うと贅沢さえ言わなければ「あたしはキスなら良いよ」とか「あ、じゃあ私ディープキス」とか「手だけなら貸したげる!」なんて妥協する事も可能ですね。

私くらいのマゾになれば、すれ違う女性からの軽蔑と好奇心の混じった視線を痛いほど浴びるだけで、充分オナニーネタに出来るでしょうね。

「誰かセックスさせて下さい!」の所を「彼女募集中です!」に変更すれば、真面目な出会いを求めている女性から声を掛けて貰える可能性もありますし「冷やかしお断り!」と書いておけば時間の無駄も省けますね。

そのまたさらに言うと、この作戦の素晴らしい所は、変質者と間違われて警官から職務質問された際にも、イタズラされて張られた事にすれば何のお咎めも無い点です。

警官に呆れたような目付きで睨まれるのを堪えながら「クッソー!誰やあ!」とメジャーリーガばりに地団駄を踏んで悔しがれば、せいぜい住所と名前を聞かれる位で無罪放免になるでしょう。

これぞ、まさにノーリスク・ハイリターン!

 

 

私はマジで言ってるんやで

また下らん事を書いてると呆れながら、この記事を読んでいる方もおられるでしょうが、私はけっしてふざけているわけではありません。

この記事を読んでるオマエとオマエとオマエとオマエとオマエに向けて、私は真剣にこの作戦を提案しているのです。この三連休という貴重な時間に、こんなしょうもない記事を読んでいるから、未だに彼女いない歴=年齢の童貞なのです。

私の作戦をバカにするヒマがあれば、何か行動を起こさないと手遅れになってしまうのです。オマエとオマエとオマエとオマエとオマエが、こんなクソみたいな記事を読んでる今も、次々と誰かと誰かがセックスをしているんです。

昔、寺山修二は言いました。

「書を捨てよ、町に出よう」と。

暖かい部屋でぬくぬくネットするのは楽だけど、それは所詮ぬるま湯なのです。虎穴に入らずんば虎児を得ないように、自分の殻を破らないと、今まで手に入らなかった物は、これからも絶対に手に入る事などないのです。

そうやって、いつまでも頑なに自分のテリトリーに固執していたら、オマエとオマエとオマエとオマエとオマエは、太古の昔から続くオマエとオマエとオマエとオマエとオマエの家系の中に誕生した、最初で最後の童貞になってしまうんやで。

私はマジで言ってるんやで!

 そんな話を書いた関連記事はこちら