読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

はてブより検索流入の方が偉いみたいな風潮に物申すっ!

f:id:butao_o:20170223195530p:plain

先日の話ですが、私が少しだけ交流のあるブロガーさんの記事が炎上しました。

本人は次の記事で「もう忘れたい」みたいな事を書いていたので、ここではリンクは貼りませんが、要約すると「いい記事書いてもブックマーク付かない」という内容で、最終的には「どうせ互助会が幅利かしてるんでしょ」と拗ねて終わったように思います。

その記事を読んで共感できる部分もあったし、それはちょっと違うかな…と思った部分もあったので、炎上してる最中のブコメ欄も関心を持って眺め、そこでも納得できる意見もあったし、ただのクソコメもあったりして、それも含めて記事もコメント欄も興味深く拝見しました。

クソコメは論外として、コメント欄には賛否両論の色んな意見があって「こんな考えもあるんだな~」と改めて勉強になった事も多かったのですが、割と多くの人が「はてブが付くより検索流入の方がずっと嬉しい」と言っていた事に、私は強烈に違和感を覚えました。

「はてブなんて所詮馴れ合い」と、はてなブックマークの機能自体を否定する意見も少なからず見受けられ「それなら何でこの人達は、はてなブログを使いブックマーク機能を設置してるんだろうか?」と理解に苦しんだのは私だけだったのだろうか。

 

私ははてなブックマークが好きだ。

ブログを始めた頃は、私もブックマークの意味が解らず「何のためにあるんやろか?」と不思議に思ったのですが、まだ3カ月目と若輩ではありますが、少しだけはてなブックマークの使い方にも慣れてきたように思います。

はてなブックマークの新着エントリーや人気エントリーから面白そうな記事を探し、読んで面白かったり共感した記事には、感想と共にブックマークを残すのが、今の私にはとても楽しいです。

そうやってブックマークを残した人の一部が、また私のブログを訪ねてくれて、同じように私の記事を気に入ってくれたらブックマークを残してくれる。これもまた今の私にはとても嬉しい事です。

これを「互助会」と揶揄して嫌うブロガーもいるんだろうけど、お互いに面白いと思った記事に、ブックマークを付け合う事の何がいけないんだろう?と私は思ってしまいます。

もちろん物には程度があって、ブクマ返しを期待して見境なく無言ブックマークや「参考になります」「勉強になりました」とスパムのようにブクマしまくるのは、さすがに見苦しいし浅ましい行為だと思います。

どの記事にどんなブクマを残したかは、誰からでも見る事ができるので、あえてそれをやってる人は「みっともない人間」と認識される事を覚悟した上でやっているんだろうから、それはもはや個人の自由としか言いようがありません。

この人はどんな記事に関心あるのかな~?と、ついつい色んな人のブクマ一覧を見てしまう事もあるのですが、一日に100個以上もの無言ブクマを付けていた強者がいるのに気が付いた時には、さすがの私も戦慄しました。

私はさすがに、そんな卑しい人間とは思われたくないので、しっかり記事を読んだ上で、きちんとコメントを残すようにしてるし、たとえ普段やりとりのある相手でも、共感できないとか興味を持てない内容だった時は、☆もブクマも残さないくらいの良識を持って利用してるつもりです。

 

はてブより検索流入の方が偉いみたいな風潮に物申すっ!

最近のはてなブログ界では「グーグルのアルゴリズムが~」とか「検索流入が~」とか、とにかくはてブより検索流入の方が偉いみたいな意見が主流のように感じます。

冒頭の炎上について言及した記事が、人気エントリーにいくつか上がっていたので読ませて貰ったのですが、どの記事も「はてブなんて気にするな」「検索流入こそ本来のアクセス」「はてブから来るアクセスは質が悪い」と、はてブを否定するような論調のものばかりでした。

それらの記事を読んで、自分もはてブの恩恵を受けてアクセスを集めておきながら「はてブなんていらない」と言う矛盾した意見を述べるブロガーに対しては、もはやソープに行って一発抜いたクセに「なんでこんな仕事してるんだ?」と、風俗嬢に説教するおっさんと同じメンタリティに感じてしまいます。

もちろん物を売るブログなど内容によっては、はてブなど必要なく検索流入が多い方が嬉しいタイプがあるのは解っていますが、あくまで私は誰が見てくれたか解らない検索流入よりも、たとえクソコメでもネガコメでも、はてなブックマークの方がずっとずっと嬉しです。

検索流入なんてそれこそグーグルの匙加減一つでどうにもなる物だし、今はアクセスが多くて偉そうな事を言ってられる人気ブロガーも、いつ没落するか解らない砂上の楼閣で踏ん反り返ってるに等しいのです。それなら多少の人間関係と思い入れの籠ったはてブの方が、私にとってはずっと意義があるのです。

 

私はとにかく「はてなブログ」と「はてなブックマーク」が大好きなのだ

「何のためにブログをやってるの?」という意見が炎上コメントの中にありましたが、私は自信を持ってこれに対して「楽しいから」と答えます。

「はてブを貰ったからって実力と勘違いしてはダメ」とのご高説もありましたが、ブログなんて所詮は自己満足で、自己顕示欲と承認欲求を満たすための趣味に過ぎないので、はてブを貰い自分の実力を過信しても、それが楽しかったら別にいいんじゃないのと思います。

そんな事を言う人に対して逆に「何のためにブログやってるの?」と聞いてみたいです。「誇り高い仕事」とでも答えてくれるんだろうか?私はあくまで趣味で楽しいからやってるだけで、金を稼ぐためなら残業してた方がよっぽど効率が良いです。

はてブが付けば嬉しいし付かなければ寂しい、人気エントリーに入れば嬉しいし入らなければ悔しいです。「ブタ男さんのブログ好きっす」って言ってくれてた若者が、思い切り成長してブクマ数をブチ抜かれた時には、悔しくて血のションベンが出そうでした。

記事を書いたときは「傑作ができた。こりゃ1000ブクマ付くな」と夜に自信満々にアップして、朝起きて見たら一つもブクマが付いてないので、改めて読み直したらクソつまらなくて「そりゃブクマ付かんわ…」と自己嫌悪で恥ずかしくなり、そのまま記事を削除なんて日常茶飯事です。

「ブクマごときで一喜一憂するな」とも書かれていましたが、私はブクマごときで一喜一憂するのが楽しくて仕方ないのです。大のおっさんがここまでのめり込める趣味なんて、他にあるでしょうか。ゴルフよりも釣りよりも全然面白いです、まあAVよりは少し落ちますが。

現在、日本の人口は約一億三千万人で、一生の内にすれ違う事もない人間がほとんどです。そんなブログをやってなかったら決して出会わなかっただろう、顔も名前も知らない人とブクマでもクソコメでもネガコメだろうと、何かの縁で出会えた奇跡が嬉しくて仕方ないのです。

そんなのも全部ひっくるめて、私は今この「はてなブログ」と「はてなブックマーク」が大好きなのです。

 

最後に

なんか色々書いてしまいましたが、けっして検索流入を否定してる訳ではありません。私にとってブログはあくまで趣味ですが、中には生活の糧にされている方もいるだろうし、その方にとっては検索流入の方が大切な事は重々理解しております。

でも、あまりに「検索流入が偉くてはてブがダメ」みたいな風潮が強いような気がしたので、私のように「はてブ大好きだよ~」と言う人間もいる事を言いたくて、この記事を書いてしまいました。

長々と読んで下さいましてありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ブタ山ブタ男