読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

英語を学ぼうと考えている人は、まず自分の性格を見直した方がいい

f:id:butao_o:20170116201422p:plain

実は私は大学で英米語を専攻しました。

別に海外で働きたいとか留学したいなどの目的があった訳ではなく、ただいくつか受験した大学の中で、そこしか受からなかっただけです。特にやりたい事もなく、単に親から「大学だけは出とけ」と言われるがままに通っただけです。

それなりに友達も出来て楽しく過ごしていたのですが、やっぱりクラスメイトの中には変わった人間もいて、印象深かったのは英語を学びに来ているのに、ほとんど言葉を発しない陰気で無口な奴がいたことです。

英語を学ぶ以前に、そいつは日本語でもあまり会話が得意ではなくて「うん」「さあ」程度しか喋らずどんな声をしてたのか覚えてないし、英会話の授業でも「yes」「no」くらいしか言わず、そいつと組んだら時間が長くて仕方なかったのを覚えています。

だから陰気で無口な人間が英語を学んだからって、自動的に饒舌になる事はありえないので、まずは他人とのコミュニケーションを身に着けてから、英語を学んだ方がいいのではないかと私は思います。

仕事で使う英語

あまり興味がないながらも四年間も勉強したので、卒業するころには私もそれなりに英語が身に付き、就職活動の結果とある貿易会社に就職する事ができました。

そこで私が学んだ事は、仕事をやっていく上で大事な事は英語だろうと日本語だろうと、言うべき事は言い難い事でもしっかり言う事で、特に欧米人相手だとはっきりと意思を伝えないと相手の都合に良いようにされてしまう事です。

日本だと例えば取引先から何か提案された時に「前向きに検討しますわ」と返事して、そのまま放置していたら、それは断ったと解釈されるのが暗黙の了解になっています。

しかし欧米人相手に「sounds good!」とか返事してしまうと、こちらが提案を受け入れたと解釈され、どんどん話が進んでしまい最終的には断るに断れなくなってしまった経験が何度かあります。

昔のベストセラーに「NOと言える日本人」という本がありましたが、欧米人には日本人特有の「察する」みたいな感性を元々持っていない人が多いように思います。どちらが良いどちらが悪いではなく、お互いの文化の違いなので仕方のないことです。

日本人には少人数だと自分の意見を言えるけど、大人数で話すと途端に無口になってしまう人がとても多いです。そのような性格の人はせっかく英語を身に着けても、能力を充分に活かせない可能性が大です。

優柔不断で自分の意志をはっきり言えない自覚のある人は、英語を学ぶ前にまず自分の性格を見直した方がいいでしょう。

 

「英語を学ぶなら子供のうち」は正しい

我が家の子ブタちゃん(かわいい娘のこと)はAPPLEの発音がとても上手です。

日本人が「アップルパイ」と発音する時のような「あっぷる」ではなく、ちゃんと「あっぽー」みたいに発音するのです。巻き舌の「る」にならずにきちんとLの発音が出来ています。

私はその様子を見て「ピコ太郎の影響でも受けたんかな?子供やな」と思ったのですが、どうやらそうではなくNHKの「えいごであそぼ」を毎日見ているうちに、知らない間に身に着いたようなのです。

子供の吸収力は大したもんだと感心しつつも、よく考えたらアメリカの子供はみんな英語を喋るんだから、日本人の子供でも小さいうちから英語を耳にしてたら身に着くのは自然な事かも知れないなと思いました。

親としては英語など身に着けなくてもいいから、早く自分の名前を言えるようになったり、お喋りできるくらいに言葉を覚えて欲しいなと思っているのですが、またこのもどかしい気持ちも今だけの楽しみと良い風に考えて、子ブタちゃんの成長を見守っております。

 

私も優柔不断なので英語は向いてなかった

かく言う私も、典型的なNOと言えない優柔不断な性格なので、あまり貿易会社の仕事は向いてなくて、それなりに立派な会社だったのですが、もったいない事に数年で辞めてしまいました。

当時の私はあまりに我慢も思慮も足りない、守るべきものもなく目先のしんどさから逃げ出したいだけで、せっかくの仕事を投げ出してしまった根性のない若者でした。今の私は妻と娘がいるので、少々嫌な事があったくらいで短絡的に仕事を辞めてしまう事はないでしょう。

しかし優柔不断な性格は今も健在で、NOはおろかYESの意志もしっかり示せない事もしばしばあります。こんな性格なので、もし私が新婚さんいらっしゃいに出て、有名な「YES・NO枕」を貰ってしまった日には、困ったことになってしまうでしょう。

私はNOと言えない性格だから、妻がYESを表に向けて寝ていたら、いくら疲れてても見て見ぬフリして寝るなんて絶対に出来ないから、体にムチを打って頑張った挙句、次の日辛くなってしまうだろう。

その反面、もし妻がNOを表に向けて寝てた日には「私となんてセックスしたくないんや」と絶望のあまり一晩中眠れなくなってしまい、それはそれで、次の日は寝不足で苦しい想いをするだろう。

かと言って私にYES・NOの選択権を与えられたとしても、ご存知の通り私はNOと言えない困った性格だから、妻に悪いので自ら表にNOを向けるなんて絶対出来ない。だからと言って、YESを表に向けたのに妻に拒否されたらショックだろう。

考えただけでも胸が苦しくなります、本当に私って面倒な性格ですわ。

 

そんな私の本音は

本当の事を言うと、私は毎日NOを表に向けて寝たいのだ。

疲れた私がNOを表に向けてスヤスヤ寝てるのに「ノーなんて寂しい事言わないでしようよ~」って、妻の方から猫なで声で甘えてほしいのだ。

「ブタ男がしてくれないんなら、勝手にしちゃうんだから」って寝てる私のちんこをムンズと取り出し、ペロペロされて思い切り勃起させられたいのだ。

「あら?NOのクセにこんなになっちゃって~」ってちんぽ汁をダラダラお漏らししてしまうほど可愛がられたいのだ。

「ノーなんだから、こんなになってるけど入れちゃダメなんだよね~」って乳首を責められながら、キス&手コキでいっぱい小ばかにされたいのだ

「入れたかったら『ノーにしてゴメンなさい』って謝りなさい」って四つん這いにさせられて、お尻を叩かれまくりたいのだ。

そして最終的にはセックスさせて貰って「もう二度とノーなんて意地悪言わないでね。大好きだよ」って優しく抱きしめてキスして欲しいのだ。


昔キンキキッズは歌いました。

「愛されるよりも~愛したいマジで~♪」と。


あんなの絶対ウソだ。

 

私は愛されたいのだ