読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

もう「写真など誰が撮っても一緒」なんて言わないよ絶対

f:id:butao_o:20170320163822j:plain

私の休日の一番の楽しみは、二歳半になる子ブタちゃん(可愛い娘の事)と朝昼晩の一日三回、一時間ほどの散歩をする事です。

散歩に行く際はいつもスマホを持って、何か可愛い仕草や行動をすると、いつでも写真を撮れるようにスタンバイするのが習慣になりました。

子ブタちゃんの二歳半という今しか見る事のできない瞬間を切り取り、それを永遠に残す事ができるなんて、写真って何て素晴らしい技術なんでしょうか。親バカと言われても、私は子ブタちゃんの姿をずっと写真に撮り続けたいです。

学校に行ったり習い事を始めたり、これから色んな事があるだろうけど、余すとこなくその瞬間を切り取り「おまえにもこんな頃があったんだよ」と言いながら、見せてあげられる日が来ればいいなと思っております。

 

もう「写真なんて誰が撮っても一緒」なんて言わないよ絶対

f:id:butao_o:20170320163826j:plain

私は元々、写真にはまったく興味ありませんでした。

観光のスナップ写真は「写るんです」で充分だし、美しい景色を写真に収めて後から見返したいなんて価値観はありません。人物の写ってない綺麗な風景写真集など誰が買うんだと疑問に思っていました。

だからカメラもスマホに付いてる物で充分だし、一眼レフみたいな本格的なカメラを買おうと検討した事すらありませんでした。

そもそも何でカメラがあんなに高価なのか不思議だったし、百歩譲って技術的な理由で高価だとしても、それを買う人間の価値観が理解できませんでした。レンズの付いた重いカメラを首からぶら下げるなんて、拷問にも等しい苦行だと思っていました。

f:id:butao_o:20170320163845j:plain

でも子ブタちゃんが産まれて積極的に写真を撮るようになってからは「いい構図やな~」と写真を撮っても、実際に自分の目で見た風景と、写真の中の風景が全然違って見えるのが気になり出したのです。

最高の背景で子ブタちゃんの写真を撮っても、空や木や花など自然の鮮やかさが思った通りに写っていなくて、人間が見た通りの写真を撮るには相当な技術を要する事を、私は初めて知ったのです。

絞りやシャッタースピードや光の向きなどを全部計算に入れた上でないと、思った通りの写真を撮る事ができないらしく、私は今になって初めてカメラの奥深さを知る事になりました。

周辺減光やコントラストなどの調整により、撮った後からでも写真に色々な表情を付け加える事もできると知り、もはや写真とはただそこにある物を記録するだけではなく、撮る人間によって作られる一つの作品だという考えに至ったのです。

 

被写体も大切だけど、カメラマンはもっと大切

f:id:butao_o:20170320163834j:plain

笑顔で猫と遊んでる子ブタちゃんを見て「あ~かわいい~」と胸をキュルルンさせながら、写真を撮ろうとスマホを向けると、恥ずかしいのか顔をしかめてソッポ向いてしまう事がよくあります。

せっかく可愛かったのに~とガッカリしながらも、また同じような写真が撮りたくて、一生懸命「子ブタちゃ~ん」と猫なで声を出したり変な顔をしたり、何とか笑わせようとするのですが、中々思うような表情を撮る事はできません。

そんな時に、妻が「子ブタちゃ~ん」と声を掛けると、途端に笑顔になって可愛いポーズを取ったりするんだから、当然私のスマホよりも妻のガラケーの方が、子ブタちゃんの可愛い写真がたくさん収められる事になります。

人物の写真を上手に撮るには、やはり日頃からの信頼関係が大切で、被写体を楽しい気分にさせ最高の表情を引き出させるのも、写真を撮る上では大切な技術なんだという事を、私は痛いほど思い知らされるのです。

 

カメラマンが大事なのはAVも同じ

そんなこんなで妻も娘も寝てしまった月曜日の午後9時ですが、私が次に行う事は当然ながら趣味のAV鑑賞でございます。本日は普段と趣向を変え「ハメ撮り」物のAVを見ながらしころうと思います。

「ハメ撮り」は通常は撮影者が手に映像機材を持ちながら相手との性行為を撮影をする行為を指す。第三者が介在しないため、独特の濃密な表現ができる。

 wikiより引用

要約すると「ハメ撮り物」とは、カメラマンが男優を兼ねてAV女優と二人だけで撮影を行うジャンルの作品で、有名な村西とおる監督が創始者として知られています。

私はハメ撮り物を見るといつも「この女優はノッってるな~」とか「この女優は嫌々やってるな~」とか思ってしまいます。

AV女優もプロと言えど、やはり人間だから自分の好きなタイプか嫌いなタイプかで反応が変わってくるのは当然です。ましてやセックスを行うんだから、いくら表面上は繕っていても、やっぱりどこか体の反応に出てしまうものです。

エロシーンに入る前の下らんトークを聞いていれば、カメラマンとAV女優の間に信頼関係が出来ているかどうかは容易に解ります。

男の姿は見えませんが、クソ寒い親父ギャグを連発するおっさん声の男優がカメラマンを務める作品は、やっぱりAV女優も事務的に行為をこなすだけの凡作に終わってるケースが多いです。

それに反して、声やトークから清潔感や心遣いが伝わってきて、トークの段階から一人の女性としてAV女優の心を掴んでるような男優の作品は、やっぱり熱の籠った最高の作品が多く、それは否応なしに我々の股間を熱くしてくれるのです。

ハメ撮り作品で、AV女優をリードし楽しませて、最高の表情と反応を引き出させる事ができるのは、やはり信頼関係です。

その信頼関係を築く能力は、美しい映像を撮るカメラテクニック、女優を気持ちよくさせる性のテクニックと同じ位、ハメ撮りカメラマンとしての大切な技術である事は言うまでもないですね。

 

最後に

本日は、そんな私がおススメする最高の写真ブログを紹介いたします。

www.minoruharu.com

「み」という舐めたタイトルと紹介文で、現在は観光記事やトレンド記事が主な内容ですが、少し前は自分の内面を繊細な文章と綺麗な写真で表現する、良い意味で最高の「ポエムブログ」でした。

語り掛けてくるような感情を孕んだ写真の数々には、私のような写真の素人にも訴えかけてくる何かがあり「自分ももっと上手に写真を撮りたい」と思うようになったのは、間違いなく彼の影響です。

今は経済的な理由や、娘を追いかけ回さないといけないので、大きくて重いカメラを買う訳にはいきませんが、いつか娘がもっと大きくなったら、彼のような立派なカメラで納得の写真を撮りたいな~と思っております。

では本日で三連休も終わりで明日から日常が始まります。また明日から一週間頑張りましょう。

 

子ブタちゃんのワガママを嘆く関連記事はこちら