いきがいさがし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

生きがいを探して模索する40代中年男の日記

アドセンス導入している全ブロガー必見「アドセンス停止期間の報酬保障」

グーグルアドセンス お金の話 下ネタなし

 

f:id:butao_o:20170126201425j:plain

グーグルアドセンスをブログに導入されてるブロガーのみなさま。

アドセンス停止期間の報酬を保障してくれる保険を知っていますか?

このブログを読んで下さってるブロガーの中には、アドセンスの規約に抵触してしまい警告を受け広告を停止された経験のある方も、たくさんおられると思います。

そもそもアドセンスのポリシーは抽象的な言い回しが多く「これがダメ!」と具体的に指摘してくれる訳ではありません。

こちらが「あれはダメかな」「これはダメかな」と想像するしかなく、また一旦警告を受け広告を停止されたら該当箇所を訂正し再申請する手間が必要で、当然その間は広告がストップされ、報酬も止まってしまいます。

そのため必要以上に神経質になり、せっかく書いた文章も無難にまとまってしまって、自分の表現の幅が狭くなってしまってると不満を感じている方もおられるでしょう。

そんな方に本日私が紹介したいのが「グーグルアドセンス停止期間の報酬を保障してくれる保険」なのです。名称が長いので今後は「アドセンス保険」とします。

 

「アドセンス保険」とは

アメリカの保険会社Intermet Live Insurance社(以後はILIと略します)が提供するブロガー向けの損害保険です。アメリカでは一般的に普及しているサービスで、アドセンスを導入しているブロガーの98%が加入している保険です。

ここで説明する「アドセンス保険」とは、読んでそのままの意味で「何らかの理由で警告を受け広告の配信を停止された場合に、その停止された期間の報酬を保障してくれる」保険なのです。

保険額は

月々あなたがアドセンスから得ている報酬の10%です。定額を最初に支払う通常の損害保険と違い、各自の報酬から10%引かれる訳なので、例えばまだ報酬が発生していない人だと、保険額は0円で済む訳です。

 

「じゃあ月10万稼いでたら月1万?それって高くない?」と思ったあなた。

稼いでる額が多い人ほどアドセンス停止された時のダメージは大きいんですよ!

 

月10万稼いでる人なら概算すれば一日約3333円になります。

3日アドセンス停止されたら1万円が飛ぶんですよ。

最悪の場合は一カ月もの間、広告を止められるケースもあります。

1万円ケチって10万円をドブに捨てるのですか?

 

アドセンスの警告を食らった人がみんな口を揃えて言うのが「まさか自分が警告を受けるとは思わなかった」「まさかあの程度で」「アドセンス厳しすぎ」などの言葉です。

そうアドセンスは厳しいんです、だから報酬が高いんです。だからと言って自分の本当に書きたい事や使いたい表現を我慢して、グーグルの言いなりになるのは悔しくないですか?

だったらこのアドセンス保険に入って、警告を恐れず思い切ってブログを書けばいいんじゃないかと私は思います。もちろん私も入りました。

 

色んな特約がある

身バレ特約

我々ブロガーにとって身バレは切実な問題です。会社にブログがばれてクビになった有名ブロガーもいます。よくありがちなのが、何の気なくアップした写真に自分を特定するような情報が映り込んでいた、などのケアレスミスです。

ブロガーの中には会社はもちろん友人や家族にまでブログの存在を隠している方もおられるでしょう。私もそうですが、身バレしてしまうと社会的に終了してしまうようなブログを書いている方もおられるでしょう。

身バレした以上、もうブログを続けられなくなった場合、それまでずっと得ていたアドセンスの報酬を受けられなくなるのは辛い事です。しかしそんな方を助けてくれるのが身バレ特約です。

身バレが原因でブログを続けられなくなった場合、あなたがアドセンスで受け取っていた報酬の3か月分が保険金として受け取る事ができるのです。それが身バレ特約なのです。

 

炎上特約

思わぬ理由でブログが炎上してしまった場合、誰かさんのように強靭なメンタルを持っているブロガーは別として、ほとんどの方が精神的ダメージからブログを続けることが困難になってしまうでしょう。

そんな方を助けてくれるのが、この炎上特約です。炎上が原因でブログの継続が困難になった場合、これについては炎上の原因が本人にあるのか、まったくのとばっちりなのかによって変わってくるのですが、炎上の程度も勘案して、あなたがアドセンスで受け取っていた報酬の1~2カ月を受け取る事ができるのです。

なおこの特約は炎上歴の多いブロガーは加入する事ができません。スタントマンやプロレスラーが生命保険に入れないように、わざと炎上させてアクセスを稼ぐようなブロガーはこの特約に入れないのです。

 

具体例としては

例えば「特定の個人を中傷した記事を書いたらブログが炎上し、逆上した読者から自宅を特定され身バレした上にアドセンスも止められた」場合は、上記の特約も併せて最大6か月分の報酬額が保障して貰う事も可能なのです。

 

こんなメリットしかない「アドセンス保険」はっきり言って入らなきゃ損すよ。

実際アメリカのブロガーはほとんど入っています。

いつ入るの?今でしょ!って声を大にして言いたいくらいですよ。

何人かのブログ仲間にも薦めましたけど、みんなメチャクチャ満足しててほんとに感謝されてます。

 

本当に大切な話はここからです

賢明な読者の中には薄々感づいてる人もいるかも知れません。

そうこの記事はアフィ記事なのです。

この記事を通じて「アドセンス保険」に入った人がいた場合、私にいくばくかのコミッションが入ってくるのです。お金が掛かってるんだから、そりゃ普段と文体も変わってしまう訳です。

そして、この記事を読まれている方の中に「アドセンス保険なんてはじめて聞いた」と仰る方もたくさんおられるでしょう。そうです、この「アドセンス保険」本格的に日本に上陸するのは来月からなのです。

 

賢明な読者の中には私が何を言いたいか理解しておられる方もいるでしょう。

来月になれば日本中のアフィ業者がこの成果報酬広告を配信し、昨年末のアマゾンプライムの時のように、猫も杓子もアマゾンプライムアマゾンプライムとアフィカスブロガーたちが執拗に「アドセンス保険」を薦めてくるでしょう。

この記事を読んでいる方は、そのアフィカスブロガーよりも先にご自分のブログで「アドセンス保険」を紹介すれば、この最高のサービスだから濡れ手で粟のごとく、多額の報酬を容易く手に入れる事ができるのです。

来月になったらもう遅いと思って下さい。このはてなブログには凄腕のアフィカスブロガーがたくさんいます。そんな凄腕ブロガーにこの「アドセンス保険」を紹介されたら最後、彼らの通った後にはペンペン草も残りません。

一人残らず「アドセンス保険」を契約してしまい、あとからいくら素晴らしい紹介記事を書いたところで、もはや誰も契約してくれるブロガーは残っていないのです。

 

アフィリエイトいつやるんですか?今でしょ!ですよマジで!

 

最後に

てめえなんかに報酬渡したくない!という方はそれでも結構です。

本当は私は別に報酬なんて欲しい訳ではありません。

多くのブロガーさんがアドセンスからの警告に怯えて、自分の個性を消した記事を書いてるのが残念なだけなのです。一人でも多くのブロガーさんをグーグルからの呪縛から解き放ってあげたいだけなのです。

アフィリエイトに興味がなくても、これからのブログライフをよりよい物にするためにも「アドセンス保険」だけでも考えられてはいかがでしょうか?

そして私からの紹介で契約される特典として、なんと「3カ月間、保険料無料」と言う太っ腹なサービスをさせて頂きます。その特典を受けるためには、紹介者の欄に私のID「butao_o」と入れる必要があります。

大事な事なので二度言います。

紹介者の欄に「butao_o」と記入お願い致します。

 

なんか怪しそうと思ったら契約しなければいいので、私のような胡散臭いおっさんの説明を聞くよりも、実際に「ILI保険」のホームページを見た方が解りやすいでしょう。そうそうアフィリエイトも保険契約も、この3カ月間保険料無料のキャンペーンは今月一杯だけのサービスです。

来月になれば他の強豪アフィカスブロガーと同じ条件で、限られた顧客を取り合う事になるでしょう。入会するのもアフィを始めるのも一日でも早い方がいいという事です。あなたが迷ってる間にも、ぞくぞくと始めている人は始めていますよ。

 

まとめ

  • アドセンス保険はアドセンス停止中の報酬を保障してくれる保険
  • アメリカでは98%のブロガーが加入している
  • 掛け金は月の報酬額の10%
  • 色んな特約あり
  • アフィリエイトにも対応
  • 世に広まるのは2月から
  • 今月一杯は3カ月無料キャンペーン中

 

大変、前置きが長くなって申し訳ありませんでした。

では「ILI保険」のホームページへこの記事最下部のリンクから飛んでください。

大事な事なのでもう一度言います「紹介者の欄にbutao_oをお忘れなく」

さあ勇気を持って一歩を踏み出して下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、私のくだらん妄想にお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク