読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきがいさがし

下ネタばかり書いてるおっさんです。

広島の人間とお好み焼の話するのはめんどくさい。

我が家では休日の食事は私が作る決まりになっております。

本日の昼飯はお好み焼を作りました。

f:id:btymbto:20170423163600j:plain

使用した材料は

  • お好み焼粉
  • 合い挽きミンチ
  • 山芋
  • キャベツ
  • ネギ
  • チーズ
  • イカ天

でございます。

f:id:btymbto:20170423163604j:plain

まず山芋をすりおろして、キャベツ、卵、お好み焼粉、水と混ぜ生地を作ります。

f:id:btymbto:20170423163610j:plain

混ぜた生地を1センチほどの厚みにしてフライパンに乗せ、片方には合い挽きミンチ、もう片方にはイカ天を乗せます。

f:id:btymbto:20170423163608j:plain

ちなみに今回使用したイカ天はこちら。少し前にブームになった瀬戸内レモン味のイカ天でございます。

需要が増大し大量に作ったのは良いものの、ブームが去って在庫が過剰になり、処分価格で売られてるのを目ざとく購入したものです。味はまあ普通のイカ天にレモンのパウダーをまぶした味です。

 

広島の人間とお好み焼の話をするのはめんどくさい。

作ってる最中の画像を見て頂ければわかるように、大阪出身の私が作るお好み焼は関西風のホットケーキ型のお好み焼きです。普通「お好み焼」と聞くと、ほとんどの方が関西風のお好み焼きを想像するんじゃないでしょうか。

ところが私の住む広島では「お好み焼」と聞くと「広島風お好み焼」と世間で呼ばれる、クレープみたいな生地の上にキャベツやソバの乗った、あの「広島風お好み焼」と言う以外に表現しようのないアレを想像するのが当たり前なのです。

しかも広島の人間はアレを「広島風お好み焼」と呼ばれるのを極度に嫌い、頑なに「お好み焼き」と主張するので、お好み焼の話をすると会話が噛み合わない事が多く、非常にめんどくさいのです。

そんなめんどくさい広島人のブログはこちら

広島風お好み焼にも色々な種類がある

一口に広島風お好み焼と言っても、県内の地域によって色んな種類があります。

県東北部の庄原市では、米が入りポン酢で食べる「庄原焼」

f:id:btymbto:20170423211723j:plain

画像は瀬戸内finderより転載)

海軍で有名な呉市では、細うどんが入り二つ折の「呉焼」

f:id:btymbto:20170423212106j:plain

像は瀬戸内finderより転載)

人口に対しお好み屋が一番多い府中市は、ミンチ入り「府中焼」

f:id:btymbto:20170423212203j:plain

画像は瀬戸内finderより転載)

観光地として有名な尾道市では、イカ天と砂肝の「尾道焼」

f:id:btymbto:20170423212356j:plain

画像は瀬戸内finderより転載)

タコの街三原市では、砂肝とレバーが入った「三原焼」

f:id:btymbto:20170423212415j:plain

画像は瀬戸内finderより転載)

などなど、地域によって色んな種類があり、また各家庭によって独自のアレンジがほどこされており、私は関西風の生地にミンチとイカ天を入れて、関西と庄原と尾道の良い所を取り入れ、それなりにこだわったお好み焼を作っております。

 

私のお好み焼に話を戻して…

f:id:btymbto:20170423163611j:plain

中火で5分ほど焼いたら、裏返して蓋をして5分ほど焼きます。右っかわのフライパンに付属していた蓋は知らん間になくなったので、お鍋の蓋で代用です。

f:id:btymbto:20170423163613j:plain

なおも私のこだわりは続き、イカ天レモンの方はイカリソースの塩だれ、ミンチの方はオタフクのたこ焼きソースを使用します。

全国的に有名なオタフクソース以外にも、広島県内にはカープソースと言う名前のソースが流通しており、甘口のオタフクと辛口のカープソースが、県内では二大勢力として定着しております。

カープソースとはこんな物です。オタフクは全国どこでも買えるけど、私は県外でカープソースを見た事はないので、アフィリンクで恐縮ですが紹介させて頂きます。オタフクに比べ辛口で、このソースでないとダメと言う人も多いです。

f:id:btymbto:20170423163615j:plain焼きあがったら蓋を外して一分ほど焼きます。ミンチの方には妻と娘が愛するチーズをトッピング。私はそれほどでもないですが、女性はとにかくチーズが好きですね。

f:id:btymbto:20170423163616j:plainイカ天レモンの方にはネギをマシマシ。あっさりした塩だれとレモンの酸味にネギの食感が加り、とても爽やかないくらでも食べられる一品です。

f:id:btymbto:20170423163618j:plainこちらはミンチ&チーズの方。見た目は汚らしいですが味は美味しいですよ。

 

お好み焼に学ぶ家庭円満の秘訣

以上のように私が作るお好み焼は関西風の生地に広島風の良い所を取り入れ、仕上げのソースには具材によって、関西のイカリと広島のオタフクを使い分るなど、試行錯誤の上より美味しい物に仕上がっており、妻も娘も美味しいと食べてくれています。

我が家は私が大阪出身で妻が広島出身で、縁あって今は広島に住んでいますが、時には県民性や価値観の違いから衝突する事もまれにあります。引っ越してきた当初は地方特有の濃厚な人間関係や親戚付き合いにとまどう事もありました。

しかしそこで大阪出身だからって頑なに広島の習慣に合わせる事なく、自分にとっての常識を振りかざしマイペースを貫いていたら、田舎の事だから即座に村八分に合い、現在のように居心地のよい暮らしはできなかったと思います。

田舎には田舎の良さがある事を認め、相手の価値観を受け入れ取り入れる事で、当初に比べ随分と過ごしやすくなって来たように感じます。

また妻の方でも都会育ちの私が、田舎の生活に上手く馴染めるように気を遣ってフォローしてくれた面も多く、今の我が家の穏やかな日々はお互いの努力によって成り立ってる事を実感しております。

そんな事を考えながら、私の作ったお好み焼を美味しそうに食べてくれる妻と娘の姿を眺めつつ、おかわりに備え三枚目を焼く準備に取り掛かりました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

育ってきた環境の違いを嘆く関連記事はこちら